セキュリティーの弱点は『ログインIDとパスワード』にあります

現代社会の個人認証として、誰もが持っている ログインIDとパスワード。 日常、さまざまなWebサイトを利用する際に ログインIDとパスワードが使われています。 しかし、手軽なゆえに管理を怠ると大きなセキュリティ問題に結び付きます。

日々のニュースで話題になる「なりすまし」や「不正アクセス」などの被害の原因の1つが、脆弱なログインIDとパスワードにあると見られています。 脆弱なパスワードから、堅牢な生体認証へ

脆弱なパスワードから、堅牢な生体認証へ

どんなパスワードでも破られてしまう恐れがあります。

破られるのを防ぐ為に、長く複雑なものにしたり、サイトごとに使い分けると、覚えるのが大変です。 忘れない為のメモ書で、パスワードが盗まれる事も多々あります。

こうした現状を踏まえ、利便性を重視してセキュリティを向上させる目的で、多くの自治体や企業などで導入が進んでいるのが、生体認証(バイオメトリクス認証)です。

生体認証はパスワードを用いずに個人認証をする方法です。

生体認証とは、どのようなものでしょうか

それぞれの人間が持つ固有の情報を読み取って、個人の識別・照合に利用する技術です。

現在の生体認証には次の2つがあると言われています。

  • 人間の身体的の特徴である指紋、虹彩、顔貌、掌形などを基にする方式。
  • 人間の行動上の特性である声紋、筆跡などをベースにする方式。

いずれもパスワードにまつわるトラブルを解消し、安全かつ高精度な本人認証です。

導入コストが心配?

生体認証の読み取り装置は、小型化・低価格化が進み、今や極めて身近なセキュリティ・ツールとなっています。

コードワークスは、お客様のご要望に合わせたソリューションのご提案やカスタム開発をおこなっております。

生体認証以外での Felica などの ICカード認証によるシステム開発も承っております。

お問い合わせはこちらまで!


また、Webログイン機能に特化した『指紋認証パッケージ商品』の開発・販売を行っております。指紋認証は生体認証の中で最も実用化が進んでいる為、低価格を実現しています。

生体認証のエキスパート、コードワークスにぜひご相談ください。

BIO-Plus商品の詳しい情報を見る